2010年06月19日

初めての一人旅 東欧へ 1990

DSC_8972.JPG

昨日のセルビアvsドイツの試合(セルビア 勝利!!)を見ていて、91年のユーゴ崩壊を思い起こし、ちょうどその当時 旅していたことを記録していなかったと思い、20年たった今、blogに記録したいと思った。

20年前の今日19時30分 成田よりマレーシア航空MH093便でクアラルンプール経由のイスタンブールへ旅立った。

世の中は バブル絶頂期で、大学を出て、地元建設会社の営業をしていたが、1989年11 月9日ベルリンの壁崩壊をニュースで見て冷戦構造の終演、世界の大きな変わり目を実感した。しかし世界の大きな躍動感とは対照的に、バブルの日本では、自分たちの繁栄を謳歌するのに忙しく世界の出来事をテレビの中の出来事と感じた。
是非この現場へ行ってみたいと思い、幸いバブル絶頂期だったので、会社を退職して、バイトを3つ掛け持ちして、半年で50万くらい旅行費を貯めた。

エアチケットは確か 15万円くらいかな。もちろんサーチャージ(燃料代)はないが、まだ航空料金は今よりちょっと高かったようだ。ヨーロッパの航空会社や日本の会社のチケットはもっと高いので、安上がりな 南回りを選ぶ。もっと安いアエロフロート(モスクワの軟禁されるホテルがいやだった)やパキスタンエア(酒が飲めない)などの理由で却下。

ビザはブルガリアのビザだけ 日本で取得。

さあ いざ出発 クアラルンプールへ
ラベル:過去の旅 
posted by k-senda at 18:17| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 20年前の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。