2010年06月01日

ガザ支援船の活動家殺害 グッシュ・シャロームのプレス・レリース

パレスチナフォーラムでイスラエルの平和団体、グッシュ・シャロームのプレス・レリース 野間伸次さんが訳してくれたものを転送します。
ユリ・アブネリさん 頑張っていますね。95年にテルアビブの自宅におじゃましたことがあります。

===================================

プレス・レリース(2010年5月31日)

ウリ・アヴネリ:今夜、イスラエル政府とイスラエル国防軍司令官の命令によって海上で犯罪が行なわれた。援助船への戦争のような攻撃と平和活動家及び人道支援活動家たちに対する致死的な銃撃、あらゆる安全許容限界線を越えた政府のみができるクレイジーな出来事だ。


「あらゆる抑制と現実へのあらゆるつながりを失ったクレイジーな政府のみが次のようなことができうる。つまり、世界中からの人道支援物資と平和活動家たちを乗せた船を敵と見なし、大部隊を公海上に送り、彼らを襲って銃撃し殺すということ。政府と軍の報道官が持ち出す嘘と言い訳を信じる者は世界に誰もいないだろう」とイスラエルの元国会議員であるグッシュ・シャローム運動のウリ・アヴネリは述べた。グッシュ・シャロームの活動家たちは他の組織の活動家たちと共に11時にテルアビヴを出発して、国際平和活動家たちが連行された拘置施設の前で抗議をする予定である。

キプロスにある船団組織者たちのスポークスウーマンであるグレタ・バーリンはグッシュ・シャロームに対して、イスラエルの奇襲隊員たちはヘリコプターで船に降り、直ちに発砲したと述べた。

今日はイスラエル国家にとって不名誉な日である。何の責任もなく引き金を引きたがる一団に将来を託したことをわれわれが気づいた不安の日である。今日は限りない不名誉と狂気と愚かさの日、イスラエル政府が世界における国の名を汚すことを好んだ日だ。加えて既に悪くなっているイスラエルの国際的なイメージに攻撃性と野蛮さという説得力のある証拠を加え、わずかに残る友人たちを失望させ遠ざけることとなった。

いかにも本日、挑発はガザの沖で起きた。しかし、挑発者たちはパレスチナ人たちによって招かれガザに行こうとしていた平和活動家たちではない。挑発はイスラエル政府の命令で動いた海軍船舶の隊員たちによって行なわれ、援助船をブロックし致死的な武力を行使した。

住民たちを大いに苦しめているガザ地区の封鎖を解除する時だ。本日、イスラエル政府は自らの手で顔につけたマスクを引き裂き、イスラエルがガザから「撤退」しなかった事実をさらした。ガザからの本当の撤退は、ガザへのアクセスを遮断したり、兵士を送ってそこへ行こうとする人々を銃撃し殺傷することと両立しない。

イスラエル国家は17年前、オスロ合意で、パレスチナ人たちが自らの経済を自由に発展させるために輸出入ができるよう、外洋航海船が寄港できるガザでの港の設立を可能にし奨励することを約束した。この約束に気づき、ガザの港を開ける時だ。アシュドッドやハイファの港のように、ガザの港が自由に邪魔されない移動のために開かれて初めて、イスラエルは本当にガザ地区から撤退したといえるだろう。それまで世界は、実際にそうだが、ガザ地区をイスラエルの占領下にあると考え、イスラエルにはそこに住む人々の運命に責任があると思いつづけるだろう。「訳:野間伸次さん」

Press Release 05/31/2010

Uri Avnery: this night a crime was perpetrated in the middle of the sea, by
order of the government of Israel and the IDF Command
A warlike attack against aid ships and deadly shooting at peace and
humanitarian aid activists
It is a crazy thing that only a government that crossed all red lines can do

"Only a crazy government that has lost all restraint and all connection to
reality could something like that - consider ships carrying humanitarian aid
and peace activists from around the world as an enemy and send massive
military force to international waters to attack them, shoot and kill.
"Noone in the world will believe the lies and excuses which the government
and army spokesmen come up with," said former Knesset member Uri Avnery of
the Gush Shalom movement. Gush Shalom activists together with activists of
other organizations are to depart at 11:00 from Tel Aviv to protest in front
of the prepared detention facility where the international peace activists
will be brought.
Greta Berlin, the spokeswoman for the flotilla organizers located in Cyprus,
told Gush Shalom activists that the Israeli commandos landed by helicopter
on the boats and immediately opened fire.

This is a day of disgrace to the State of Israel, a day of anxiety in which
we discover that our future was entrusted to a bunch of trigger-happy people
without any responsibility. This day is a day of disgrace and madness and
stupidity without limit, the day the Israeli government took care to blacken
the name of the country in the world, adding convincing evidence of
aggressiveness and brutality to Israel's already bad international image,
discouraging and distancing the few remaining friends.

Indeed, today a provocation took place off the coast of Gaza - but the
provocateurs were not the peace activists invited by the Palestinians and
seeking to reach Gaza. The provocation was carried out by Navy ships
commandos at the bidding of the Israeli government, blocking the way of the
aid boats and using deadly force.

It is time to lift the siege on the Gaza Strip, which causes severe
suffering to its residents. Today the Israeli government ripped the mask of
its face with its own hands and exposed the fact that Israel did not
"disengage" from Gaza. Real disengagement from the area does not go together
with blocking the access to it or sending soldiers to shoot and kill and
wound those who try to get there.

The State of Israel promised in the Oslo Accords 17 years ago to enable and
encourage the establishment of a deep water port in Gaza, through which
Palestinians could import and export freely to develop their economy. It's
time to realize this commitment and open the Port of Gaza. Only after the
Gaza port will be open to free and undisturbed movement, just like the
Ashdod and Haifa ports, will Israel really have disengaged from the Gaza
Strip. Until then, the world will continue - and rightly so - to consider
the Gaza Strip under Israeli occupation and the State of Israel as
responsible for the fate of the people living there.

Contact: Uri Avnery 0505-306449
Adam Keller, Gush Shalom spokesman 03-5565804 or 054-2340749
Coalition Against the Siege Yacov - 050-5733276, 09-7670801,
Sebastian -050-6846056
Greta Berlin spokeswoman for flotilla organizers
35799187275
posted by k-senda at 13:07| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | パレスチナ ユダヤ問題  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。