2008年10月16日

創作家具・安藤和夫さん個展

DSC_0490.jpg
昨日15日 横浜の高島屋7階  美術画廊<リンク>でやっている 創作家具 安藤 和夫 木工展<リンク>に行ってきました。

6月に田植えをさせてもらった<その時のblogにリンク>、安藤さんなので、初日に伺ってきました。

DSC_0462.jpg
30数点の創作家具は、ほとんどが神代木で創られている。
DSC_0524.jpg
神代木は火山などで粘土質に埋もれた1000年以上前の木がたまたま工事現場などで出土したもので、天然木にはない独特の深みのある色合いが特色。

DSC_0454.jpg
雅楽器も 煤竹を使うが、まあ100年くらいのものだが、竹の繊維が半結晶化していて、色合いといい、音色といい、良いものになります。それが1000年もの時間が創る風合いの家具。
それを後世に伝えようとする創作者の想い。実際に稀少な材料、しかも硬いので製作には手間も根気もはんぱではないでしょう。

DSC_0451.jpg
宝くじが当たらないと、自分では持てないけれど、こうゆう機会に 是非 見てもらいたいですね。

会期:2008年 10月15日(水)→ 10月21日(火)
会場:横浜高島屋 7階 美術画廊 B
時間:午前10時〜午後7時30分
※最終日は16:00に閉会させていただきます。

午後にはご本人もいるようなので、いろいろお話を聞けると思います。

posted by k-senda at 11:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 小田原・神奈川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご紹介くださいましてありがとうございます。
Posted by &O at 2008年10月18日 00:59
&Oさん

連日ご苦労様です。
リンクありがとうございます。
Posted by senda at 2008年10月19日 23:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。