2008年06月09日

小田原 田植え

DSC_7335.jpg
昨日は知り合いの紹介で、田植えに行ってきました。

うちのまわりにも田んぼはあるけれど、今はたいがい機械で植えるので、なかなか田んぼにはいることはできないので、知人がやっている埼玉小川町の田んぼでも行こうかと思っていたが、こんな近場で出来るところがあるとは知りませんでした。


大きな地図で見る

場所はうちからチャリンコで20分 小田原球場のすぐ近く。創作家具 安藤和夫さんの田んぼ。
DSC_7294.jpg
水が入ること頃には 綺麗な花菖蒲が植わっている一角があり、小麦やハーブが植わっているビオトープになっていて、田んぼに入れる水はここを通って田んぼに入れる。

DSC_7330.jpg

この田んぼは耕さない田んぼ(不耕起田)で、土の表面は硬く、器具を使って穴を開けて、苗を植える。しかも水の中にはそれまで生えていた、レンゲや雑草が刈り取られたものが入っている。栄養にもなるし、稲以外に日が当たらないようになるので、雑草対策にもなるそうです。
耕さないのは、ミミズなど自然の生態系をそのまま残すことで、生命力ある田んぼになるそうです。

いざ田んぼに入ってみると、冷たくて気持ちいいです。
植えたのは イセニシキの苗がメインで、その他には 黒米など。詳しくは安藤さんのblogにあります。

今回の参加者は40人くらいかな。東京や神奈川から子連れで来ている人が多かった。
安藤さんの人脈で、いろいろな人が来ていた。
驚いたのは昨年の参加者には、peacegreen boat 2007の船で一緒だった、KPや  アイヌレブルスが参加していたこと。あと映画「六カ所ラプソディー」の小田原上映を企画した人も。

DSC_7357.jpg
川崎の大学生も団体さんで来ていました。 夜は 昨年参加のアイヌレブルスとKPのライブがあるので、途中で帰って行った。

DSC_7404.jpg
子ども達は 安藤さんが泥遊びが出来るようにと、普通に耕した田んぼも少し用意してくれたので、前進泥だらけで遊んだり、蛙を捕まえてはしゃいでいました。
DSC_7464.jpg

お昼をはさんで、午後4時前には田んぼ全部に植え終わりました。

DSC_7469.jpg

その後は 近所の公民館に移動して「早苗振り」と称して宴会。
安藤さんのblogにも「田の神様にお供え物をして今年の五穀豊穣を祈り、そのおこぼれに預かって神人共食をする神事です!」とあります。

ポロンさんの手作りパンとか、川崎のコリアンからキムチやチャンジャ、真鶴のゲストハウス「自然」のオーナーが持ってこられた手作り料理など、すごい料理で大いに盛り上がりました。

DSC_7523.jpg

最後は 安藤さんの工房へ お陰で12時過ぎまで 楽しく大いに酔っぱらいました。

★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★
トラックバックがあまりうまく機能していないので、
関連blogリンクをあげておきます。
日々徒然(安藤さん)
湘南番外地
ackey's Kitchen
ちょろり!NewsReport
雲水たみお@Blog
Polonのひとりごと
PUENTE ラテンアメリカの人々とモノづくり
ひとひらのうみ
★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★
posted by k-senda at 12:21| Comment(13) | TrackBack(0) | 小田原・神奈川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。